さよならドビュッシー (宝島社文庫)

www.amazon.co.jp/dp/B082X56DP1
Naoshi Kurashita

Import Your Kindle Highlights to Glasp Today 📚

Top Highlights

  • それにな、どんなに 美味しくとも腹一杯以上食べれば腹を壊すのは道理や。人にはそれぞれ果実を食してもいい限度が 予め決められておって、それを分と言う。分を 弁えん者の末路は大抵が自滅
  • 難しい言葉で 艱難辛苦 と言うがな。ただ、苦難はそいつに与えられた試練や。艱難 汝 を玉にす。乗り越えられた者は強くなるし、乗り越えられなかった者はそこで押し潰されて
  • そやから、いつまでも不幸を引き摺るな。その二本の足で立って前を見ろ。悲しい時には泣いてもええ。悔しい時には 歯 嚙 みしても構わん。しかし自分の不幸や周りの環境を失敗の言い訳にしたらあかん。前に進むのをやめたらあかん。目の前に立ち塞がるものを恐れて逃げたらあか
  • ピアノ弾きとピアニストという言葉があって、この二つは似ているけど全く違うものだ。ピアノ弾きは譜面通りにただ鍵盤を叩くだけ。しかしピアニストは作曲家の精神を受け継ぎ、演奏に自らの生命を吹き込む。
  • 「みんな、よく勘違いするんだよ。鍵盤をしっかり打とうとするあまり、つい指先に体重が掛かるよう座席を高くしてしまう。でも鍵盤の重さなんてたかだか七十グラムだ。そんな指圧みたいな力は要らない。座る位置を低くすれば自然に背筋は垂直になり、腕にかかる体重は減衰する。指先に力を込めるよりは筋肉を伸ばして戒めから解き放ってやることを考える方が大切なんだ」
Share This Book 📚

Ready to highlight and find good content?

Glasp is a social web highlighter that people can highlight and organize quotes and thoughts from the web, and access other like-minded people’s learning.