社長の仕事は社員を信じ切ること。それだけ。

www.amazon.co.jp/dp/B0814Q58CD
Taro Ebihara

Import Your Kindle Highlights to Glasp Today 📚

Top Highlights

  • たとえば、私が社長になった当初行っていたように、管理職を集め、幹部会議を開き、数字が達成できていないと詰めていく。  経営陣の怒りや危機感を肌で感じた管理職が現場に持ち帰り、それを従業員に伝え、引き締めたとしても効果はさほどありません。   現場で働く人にとっては、経営層の焦りや苛立ちは遠いものだからです。
  • 「ああせえ、こうせえ」と指示するのではなく、「困っている!」「助けてほしい」と言ってしまう。それを当たり前にすることで、全員が同じ問題に取り組む仲間だという意識が広がっていきます。
  • 好待遇で人を惹きつけることには限界があります。  手当が5万円もらえることに慣れたら、6万円、7万円欲しくなります。  週休2日に慣れたら、3日欲しくなります。  また、管理によって人を動かす方法にも限界があります。
  • 運転士自身が行きたくなる、行かなくちゃいけないと思えるような状況をつくれば、彼らは使命感を持ってトラックを走らせてくれるのです。  被災地で水を待つおばあちゃんのためになら、目の色を変えて「行かせてくれ」とハンドルを握るように。
  • それを私は、不平不満を言う運転士が悪いと決めつけていたのです。 しかし、彼らは「寝る間を惜しんでも誰かの役に立ちたい」という想いを持っている。それを引き出すことができなかったのは私でした。
Share This Book 📚

Ready to highlight and find good content?

Glasp is a social web highlighter that people can highlight and organize quotes and thoughts from the web, and access other like-minded people’s learning.