パン・豆類・ヨーグルト・りんごを食べてはいけません

www.amazon.co.jp/dp/B07C2K5YW1
Tarbo Kimura (Takashi)

Import Your Kindle Highlights to Glasp Today 📚

Top Highlights

  • しかし、FODMAPと呼ばれる問題の糖質は腸の中での吸収が非常に悪いため、なかなか腸の中に入っていきません。  この糖質(FODMAP)こそが、冒頭で述べた「四つの敵」にあたります(どうして四つなのかはのちほど説明します)。FODMAPとは、発酵性の吸収されにくい 短 鎖 炭水化物群です。
  • おなかの調子が悪い人がこのように腸によいラクトバチラスのような善玉菌そのものをサプリメントなどでとるのを「プロバイオティクス」といいます。  ビフィズス菌、ラクトバチルス、LGG乳酸菌などを複数とることでおなかの調子が整います。腸内細菌の多様性も保たれます。  しかし、これらの善玉菌を、ヨーグルトなどの乳製品でとろうとすると問題が生じるのです。
  • 納豆 や キムチ など 発酵 食品も大腸内で発酵を促進するため、過敏性腸症候群の人は控えた方がよいのです。ただし、味噌や醤油は精製の過程で低FODMAP食となります。  フルクタン、ガラクタンなどのオリゴ糖類を含む 小麦、 タマネギ、 レンズ豆、 ひよこ豆 を控えること。とくにタマネギを控えることが重要です。タマネギは過敏性腸症候群の症状のトリガーとなるからです。
  • キシリトールガム でおなかがゆるくなるのは、キシリトールが非常に小腸で吸収が悪いからです。
  • まず、三週間は高FODMAP食をすべて
Share This Book 📚

Ready to highlight and find good content?

Glasp is a social web highlighter that people can highlight and organize quotes and thoughts from the web, and access other like-minded people’s learning.